Yamandu COSTA ヤマンドゥ・コスタ
 
2005年06年そして2017年に10年ぶりに来日したヤマンドゥ・コスタ。
ブラジル音楽ファンはもちろんの事、多くのギター・ファンに衝撃を与えた、
驚異のテクニックを持つ7弦ギタリストである。
1980年、ブラジル最南部リオ・グランヂ・ド・スル州パソ・フンド生まれ。
7歳からギターを学びはじめ、15歳の頃にはサンパウロやリオデジャネイロ
のライブハウスにふらりと顔を出してはその超絶的技巧を見せつけ、プロの
ミュージシャン達の間で次第に話題となっていった。
16歳の時バーデン・パウエルに見出され彼のコンサートにゲスト出演、翌年
17歳の時には、初めてサンパウロで正式に公演、聴衆を圧倒しメディアで大
きく取り上げられ、天才プレイヤーの名を欲しいままにする。2001年、21歳
の時にブラジル器楽奏者の登竜門 “プレミオ・ビザ (Visa音楽大賞)” のコン
クールで優勝。そしてアルバム「Yamandú」でセンセーショナルなデビュー
を飾り、翌年2002年にはローリング・ストーン誌の「ブラジル・ギター30選」
に選ばれ世界の表舞台へ登場、彼の名は一躍世界に知られる事になった。
ブラジルのマスコミは彼のことを、 “バーデン・パウエルやハファエル・ハ
ベーロの再来!”と呼んでいるが、ショーロから、ボサノヴァ、サンバ、タン
ゴ、ミロンガといった南米の多様な音楽も含め、ジャズなど様々なスタイルを
吸収し、ジャンルの枠を超えた独自の世界を構築。アルゼンチン公演では、鬼
才フアンホ・ドミンゲスを凌ぐギター・テクの持ち主と聴衆を驚かせた。
7弦ギターのレンジの広い指版を縦横無尽に駆け巡る驚異的なテクニックで、
聞く者を圧倒し続けている。
かのパコデ・ルシアが「ジャンルを超えた私の後継者」として、称えた。
そして、2017年、東京公演(イーストエンド国際ギターフェスティバル)では
聴衆のほぼ全員がスタンディングオベーションを送る伝説的な演奏を遂げた!
inserted by FC2 system