プロフィール  プログラム(予定)※当日変更になる場合があります
アレッサンドロ・ペネッシ 
ギタリスト、作曲家、そしてアレンジャーでもあるペネッシはブラジル国内
のみならず世界中のミュージシャンや評論家達から現在最も注目されて
いるギタリストである。7歳で音楽の勉強を始め、サンパウロ・ピラシカバ
音楽学校ではクラシック・ギターを専攻。ドイツ人作曲家・指揮者のErnst
MahleとギタリストのSergio Bellucoの2人の教授のもと1997年に卒業した。
2005年にはUNICAMPから学士号を授与されている。 これまで3枚のソロCD
の他、数多くのミュージシャンとの共演CDをリリースしており、3枚目のソロCD
ではブラジル音楽賞のBest Soloistにノミネートされ、ヤマンドゥ・コスタとの
デュオアルバム"Quebranto"ではBest Instrumental Album AwardとBest Soloist
を受賞している。 その超絶技巧を駆使した自由自在な演奏は、あのヤマンドゥ・コスタ
をして"自分を凌駕するギタリストだ"と言わしめる。2018年12月にNHKで放映された
ヤマンドゥ・コスタのドキュメンタリー番組でもペネッシが共演を果たした。2011年には
Jazzの生ける伝説ウェイン・ショーターのオープニングを担当している。 指導者として
の実績と信頼も豊かで、世界各地の大学やフェスティバルでマスタークラスやワーク
ショップを受け持っている。 7弦ギターの他に、テナーギター、カバキーニョ、マンドリン、
フルートまでをも高いレベルで演奏する驚くべきマルチプレーヤーでもある。
1-Agradecendo〜感謝〜 (A. Penezzi)
2-A bolha e o Vento(泡と風) (A. Penezzi)
3-Aniversário(誕生日) (A. Penezzi)
4-Valsa crioula(ワルツ・クリオーリャ) (A. Penezzi)
5-É chorando que se aprende (A. Penezzi)
6-Be a Baden (A. Penezzi)
7-Quando me lembro(覚えてる) (L.Miranda)
8-Frevaricando (A. Penezzi)
9-Dayanna (A. Penezzi)
10-"Geringonça' (A. Penezzi)
11-Brasileirinho (W.Azevedo)
inserted by FC2 system