怪物ジュディカエル・ペロワ プロフィール Judicael Perroy Profile
怪物ランドのキング!ジュディカエル・ペロワ

1973721日パリ生れ。7歳よりギターを始める。後Ecole Nationale d'Aulnay-sous-Boisにてレイモン・グラシアとデリア・エストラダに師事し19886月に一等賞で卒業。1994年パリ・エコールノルマル音楽院を演奏家ライセンスを得て卒業、更に1996年にはパリ国立高等音楽院を一等賞で卒業した。両校ともアベルト・ポンセに師事。並行してロベルト・アウセル、ダニエル・ラヴィエールにも師事する。

1984年、11歳の時にアンドレ・ジラール指揮、Ensemble Instrumental du Mansとビバルディの協奏曲をソリストとして共演。1987年、14歳でイル・ド・フランス国際ギターコンクール第2位受賞。1992年、第15回ルネ・バルトリ国際ギターコンクールで審査員満場一致で優勝。同時に聴衆賞も獲得。1994年、第7Bourg-Madame国際ギターコンクール優勝。聴衆賞も獲得。1997年、現在世界最高峰と言われる第15回ギター・フォンダシオン・アメリカ・国際コンペティション(GFA)にて優勝。並はずれたヴィルトゥオーソ・ギタリストとして称賛され広く世界に知れ渡り、全米とカナダで60回を超えるリサイタルとマスタークラスを行った。ツアーの合間にフランスでも多数のリサイタルを行い、France-Musiqueでライブコンサートが放送された。CD録音し数多く、特に「アスペン組曲」の録音ではフランスで最も権威あるDiapason Magazineから5 Diapasonを与えられ激賞された。最近ではNAXOSよりバッハの全作品と鍵盤の為のパルティータ第2番の録音がリリースされた。彼はアメリカのトップ・ユニヴァーシティや世界各国のコンセルヴァトワールから教授として誘われてきた。彼の多くの生徒達が世界中の国際コンクールで優勝を重ねているからである。特にGFAコンペティションでは既に5人もの優勝者を輩出している。これは彼だけになし得る驚異的な業績と言えよう。多くの世界的な音楽シーンで活躍するスターミュージシャンを育てている。1995年~2004年までEcole Nationale de Musique Blanc-Mesnilギター科教授を務める。そして2000年の冬にはアメリカのStetson大学でスティーブン・ロビンソンの代役を務めた。2004年よりEcole Nationale de Musique d'Aulnay-sous-Boisギター科教授。2017年秋より、セルジオ.アサドの後任としてサンフランシスコ音楽大学・ギター科教授として迎えられた
inserted by FC2 system