世界の中心に立つギタリスト パブロ・マルケス
パブロ・マルケスは今日、世界で最も秀逸なギタリストの一人である。
その並外れた実力と仕事は他の追随を不可能にしている。アルゼンチンに生まれた彼は10歳でギターを始め、その3年後にはサルタのオーケストラと共演を果たしデビューを飾った。
その後ホルヘ・マルティネス・サラーテ及びエドゥアルド・フェルナンデスに師事
学生時代にパリ国際ギターコンクール、ヴィラ=ロボス国際ギターコンクールを満場一致で優勝したのを皮切りに数々の国際コンクールを手中におさめていく。
しかしコンクールは彼にとって確認に過ぎず、完全なる音楽家を目指して、その後パリのスコラ・カントルムで3年間ハビエル・イノホサに師事、更に指揮を学び、伝説のピアニストGyorgy Sebokの教えを受けた。世界40カ国以上の主要なコンサートホール(アムステルダム・コンセルトヘボウ、シャトレー劇場、テアトロ・コロン等)での演奏を成功させ、ベルリン・フィルをはじめとする世界中のオーケストラから共演を依頼されている。
ピエール・ブーレーズは彼の現代音楽プロジェクトに定期的にパブロ・マルケスを迎えており、ルチアーノ・ベリオの生誕70年の記念演奏会ではゼクエンツァXIの演奏を依頼した。ECMレーベルをはじめとする数々の録音は常に絶賛を持って迎えられ、全ての時代を網羅するディスクは数多の賞を受賞している。ルイス・デ・ナルバエスの全曲録音ではドイツでベスト・クラシック・オブ・ザ・イヤーを受賞した。
現在、スイスのバーゼル音楽院にて退官となったオスカー・ギリアの後任を務めている。
YOUTUBE
Luys de Narváez
Schubert
Jacinto Chiclana - Astor Piazzolla
inserted by FC2 system